オペを行う手術室へ配属される看護師について

オペ室は苦手。その理由としては、看護師として患者と話すことが出来ないということがあるようです。
実際にオペの時には患者と話すことが出来ませんので、患者とのコミュニケーションを取りたいと思っている看護師にとっては、あまり向かないのかもしれません。

新卒で看護師がオペ室勤務ということになると、採血や注射などの一般的な技術が身につかなかったり、
学校で習ったことと全く違うことをしなければいけないなどの不安や心配があるようです。
そのため出来ればどこかに配属されて経験を積んでからオペ室担当になりたいと思う気持ちがあるようです。

オペ室の場合は夜勤が無いということがあるので、夜勤手当がつかないのが辛いと感じる看護師もいるようです。
しかしオペ室で働くことは決して悪いことばかりではないのです。
実際に細かいところにまで配慮が行き届くようになり成長した看護師は多いのです。
つまりは経験値が上がるということになります。経験値を上げるためにオペを近くで診ることが出来るようなオペ室への配属も良いことかもしれません。

オペ室に配属になったことにより、外科の処置に対して詳しくなるということもあるのです。
それは看護師としてはとても素晴らしいことでしょう。
外科の看護師の場合は一度はオペ室に配属された方が、自分自身の成長のためにも良いという説があるのです。
早い段階で経験をすることが自分のためになるということがあると思います。