緊迫した状況の中で

救急車があることで、迅速な治療や手術が必要な患者のニーズに応えていくことに一役買うのであり、救急車の搬送によって救われた患者の命は計り知れないと思うのです。いくら高度な医療技術があっても、患者がその医療技術を受けるまでの過程において、緊迫した状況から脱していく段取りがスムーズに運ばれるようにしていかなければならないのです。だからこそ、医療の助力を担う上で必要となる救急車の需要を高めていかなければならないのです。

救急車内で患者に対して医療行為をすることになる方がおられるでしょう。
また、命の存続が危ぶまれている患者を救うために、一秒でも早く事故現場に辿り着かなければいけないという切迫した気持ちになることは無理もないです。
救急車内で患者が命をつなぐことが自分の使命だとする医療人が居てこそ、大役を果たしていくことになるのです。
 
救急車内で、患者が事故によるショックで苦しんでいる姿を見て胸が痛くなる方が少なくないと思うのです。できることなら自分の力で患者の苦しみを解放していきたいと思っていても、救急車内で出来る医療行為に限りがあるため、患者の苦しみを和らげる十分な処置ができなくて歯がゆい気持ちになることは致し方ありません。それでも、苦しんでいる患者に対して生き続けてほしいという想いを乗せた医療が、患者を救う手立てのひとつになり得るのです。